【ほくとこvol.2】第三回こどもクリエイター講座開講!

こんにちは、水の山子ども情報局です。

今年も北杜市内の小中学生16名と一緒に、こどもローカルマガジン(通称:コロマガ)北杜市版「ほくとこvol.2」を作る講座がスタートしました。この講座は約半年間かけてプロのクリエイターから雑誌編集の基本、文章の書き方、イラストの描き方、写真の撮り方を学び、実際に取材へでかけ、そして記事作りを行います。

こどもクリエイター講座 第三回開講

7月10日に第3回目のこどもクリエイター講座が開催されました。今回のプログラムは、イラスト講座と写真講座を行います。イラスト講座では、「何を描くか(視点の違い)」と「何で描くか(手法の違い)」の2つを作例を比較しながら、教わりました。次にこどもたちに「自分の好きなもの」をテーマにイラストを描いて、発表し合いました🎨後半は、フォトグラファーの田中文太郎さんによる写真講座。こちらはカメラの使い方を簡単に説明したあと、早速1人一台デジカメを渡して校庭へ。自分が興味を持ったものを30分間ひたすら自由に撮りまくってもらいました📸

講師は北杜市で活躍するデザイナー・イラストレーターの土屋恭子さん。

参考として創刊号で作られたイラストの原画も貼り出す。

実践タイム。テーマは「自分の好きなもの・ことをイラストで伝えよう!」

個性溢れる作品を並べて講評。みなさんよくできました!

つづいて写真講座。講師は北杜市・東京で活躍するフォトグラファー田中文太郎さん

習うより慣れろ!ということで操作の仕方を簡単に教えてもらい早速外に出て実践。

こどもたちには自分が興味を持ったものを30分間ひたすら自由に撮りまくってもらいました。

以上第三回こどもクリエイター講座の様子でした。「絵は苦手」と言っていた子が描いたイラストが妙に味のあるものになっていたり、大人しかった子が、カメラを持ったら夢中に被写体を探していたり…と、今回の講座でこどもたちの新たな一面が垣間見えて、スタッフにとっても発見の多い一日でした✨参加したこどもたち、スタッフのみなさんどうもお疲れさまでした!!

次回はいよいよ取材本番です!夏休み期間内に各チームに分かれて合計10カ所の取材を行います。ほぼ全員はじめての取材なので、引率スタッフもドキドキです!引き続きお楽しみに!!

 

p.sこども達が撮影した写真は後日田中さんの講評を添えてブログにアップする予定です。

 

サポーター募集中!!

水の山こども情報局の事業は、活動の趣旨に協賛していただけるみなさまからのご支援により運営されている非営利の事業です。個人・団体問わずご支援いただける方を随時募集しております。支援について詳しい内容はこちらからご確認ください。(サポーター会員登録ページ

サポーター会員応募フォーム

COLOMAGA projectについて

COLOMAGA project(コロマガプロジェクト)とは地域のこどもたちとプロのクリエイターが一緒になって地元の魅力を伝えるフリーペーパーを作る非営利活動です。この活動を通じて、子どもたちが自分たちの住んでいるまちの魅力を知り、「大人になったときに自慢したくなったり、帰ってきたくなったりするような愛着を抱いてもらいたい」という思いで活動しています。現在参加地域は東京都文京区、静岡県伊豆市、伊豆の国市、沼津市、山梨県北杜市、長野県安曇野市の6地域です。日本全国にこのコミュニティが広がり、地域間の交流ができるようになったら素敵だなと夢描いています。参加地域は随時募集中なので、自分のまちでもやってみたいという方はぜひ、お問い合わせフォームよりご相談ください。